【開催中】2/10~2/24 越谷市展示コーナー(観光・物産情報コーナー内)展示

2019/01/31

【越谷市展示コーナー】 高崎力・郷土玩具コレクション展〈第2期〉

越谷市市民活動支援センター内越谷市展示コーナーでは、越谷出身の郷土史家でNPO法人越谷市郷土研究会の常任顧問でもあった、故・高崎力氏による郷土玩具のコレクションを3期にわたって展示します。越谷市内の船渡と砂原で作られていた郷土玩具に興味を持ったことをきっかけに、郷土玩具の収集を始めたという高崎氏。第2期の〈日本のあっちこっちから、土人形ちゃん こんにちは!〉では、日本全国で作られた土人形80点を展示します。
高度な技術を持たなくとも自由に造形のできる土で作った人形は、郷土玩具の原点ともいえるでしょう。博多人形のように繊細さを特徴とする土人形もありますが、振って鳴らす土鈴のようなものや、十二支をかたどったものなど、伏見人形に代表される素朴で親しみやすい土人形も全国で作られてきました。
それぞれの地域の創意と工夫と面白味にあふれた手びねりの逸品を、ゆっくりとご覧ください。

高崎 力 氏について
たかさき つとむ(昭和2年~平成28年)/旧桜井村村長の家に生まれ、埼玉師範(現・埼玉大学)を卒業後、越谷市で教員となる。学校現場と教育委員会を歴任するなか、越谷市郷土研究会では発足時より理事・顧問・常任顧問として、後進の指導と同会の発展に貢献した。主な研究対象として、『三ノ宮卯之助』『洋画家・斎藤豊作』『越谷出身の力士、行司』など。

 
※越谷市展示コーナーでは、観光的視点をもったまちづくりに取り組む市民活動団体等の活動紹介・展示・成果報告等を行っています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

NPO法人越谷市郷土研究会企画
高崎力・郷土玩具コレクション展〈第2期〉
『日本のあっちこっちから、土人形ちゃん こんにちは!』

日時:2019年2月10日(日)~2月24日(日) 
    午前9時から午後5時まで

【展示内容】
 全国各地の土人形約80点を展示

 
【会場】越谷市展示コーナー ( 越谷市市民活動支援センター 観光・物産情報コーナー内)
入場無料

【お問合せ】
越谷市市民活動支援センター/048-969-2750

 
高崎力・郷土玩具コレクション展-今後の予定
◆第3期/2月26日(火)~3月20日(水) 『郷土でつくられた雛人形』
越谷や全国各地でつくられた郷土玩具としての雛人形やこけし等を展示します