【申込受付中】10/14 かふぇとも~東日本大震災から8年目を迎えて~

2018/08/12

東日本大震災から8年目を迎えています。
被災者の方は未だ避難されている方、帰還されている方、新しい地域で定住されている方、さまざまです。
今もなお、福島の復興活動は続いています。風化させてはいけない出来事です。

2016年4月には熊本地震があり、今年7月には豪雨により西日本が大きな被害を受けました。
いつ、自然災害が起きるかはわかりません。
自分のこととして改めて考えるきっかけになるかもしれません。
福島の「いま」と「これまで」を聞きに来てみてはいかがでしょうか。

ご参加お待ちしております。


■日 時    平成30年10月14日(日) 9:30~11:45
■場 所    越谷市市民活動支援センター 活動室
■テーマ    東日本大震災から8年目を迎えて

■内 容     
       ①福島県の「いま」 この7年間を振り返る
         震災発生時から「被災者の自立」をモットーに活動してきた一歩会のメンバーが、
         これまでの活動と福島県の現状についてお話しします。
       ②みんなで一緒に歌いましょう!
         歌は最高のコミュニケーションツール!
         一歩会は「歌」で被災者との交流を深めてきました。
         みんなで歌って、その楽しさ・大切さをいま一度確かめましょう。

■対 象     内容に関心のある方、どなたでも
■定 員     40名(要申込)
■参加費     無料
■企画・運営  一歩会
■申し込み    越谷市市民活動支援センター窓口または電話にて
            TEL:048-969-2750

🌼『かふぇとも』 とは?
人との交流や情報交換ができる「おしゃべりサロン」です。毎回いろいろな市民活動団体が
テーマを決めて交流の場を設けています。
🌼『一歩会』 とは?
10月のかふぇともを担当する「一歩会」は一歩会は東日本大震災を克服し、復興していくために一人一人が連携し、全国に広がる応援者達と手を結び、笑顔で一歩一歩、前進することを目的としています。会員それぞれ、自分ができることで繋がり、東日本大震災を風化させないための活動をしています。