No.121 グリーフサポート埼玉(埼玉・生と死を考える会)

2020/07/02

<お知らせ>
「わかちあいの会」は、8月23日(日)13時半より開催予定です。(13時20分までお越し下さい)
人数に制限がありますので、毎月開催月の1日からの先着順定員制となり、メールか電話(留守電)にて予約が必要となりました。
 ご参加の方は①マスク着用②飲み物持参③検温と消毒④連絡先などの記入が必要となります。
コロナ予防対策のため、ご理解とご協力をお願いします。



(登録No.121)
活動分野:1.保健・医療・福祉 2.社会教育

代表者氏名:内田 登和子  設立時期:平成27年2月

団体の連絡先
氏名:内田 登和子  電話:080-3083-0024

その他の連絡先
氏名:NPO法人 千葉県東葛地区生と死を考える会
電話:04-7141-2440  FAX:04-7141-2441

活動内容等:
①大切な人を亡くされた方の集い「わかちあいの会」
 【時】 毎月第4日曜日(12月は第3日曜日)、午後1時半から
 【場】 越谷市市民活動支援センター
②グリーフや生と死に関する研修会・講演会
 【時】 不定期  【場】 市民活動支援センター、中央市民会館 他
③グリーフの認知と理解を広める

会員数:21名
会員の募集:有  募集方法:パンフレットや研修会、講座などの会場の場にて
団体機関紙:無

メールアドレス:griefkoshigaya@yahoo.co.jp

団体からのメッセージ:
大切な「人」や「もの」「事柄」を喪失したときの心身の不調(悲嘆・自責感・苦悩など)をグリーフととらえ、大切な人を亡くされた方々のための「わかちあいの会」や「講演会」などを通じて社会貢献していきたいと考えるボランティア団体です。とくに、大切な人を亡くされた方々のため、お互いの気持ちを尊重し一緒に語り合い、安心して同じ時間を過ごせる「わかちあいの会」は定期的に開催しており、どなたでも参加していただけます。